• Admin

不完全であり未熟であり

折々に思う。

自分の未熟さや至らなさ。


実は、それはずっと思っていて、だからこそ

それを隠したくて、乗り越えたくて

完璧を目指して

人に認めてもらいたくて

共感されたくて

自分に非はないと思っていたくて・・・


そんな色々な気持ち

誰にだってあるでしょう。


そこを隠そうとしてする努力は

時に本来の努力とはかけ離れ

いつの間にかメッキのように

いつ剥がれるともしれない不安を増大させる

かもしれない。


と、思うのです、自分に対しての呟き♪


不完全であっても未熟であっても

それは主観でしかないよね。

何を持って完全で、成熟なのか。


今、半澤鶴子さんという茶事行脚をなさっている

70代の女性の本を読んでいます。

その中で

「不完全なら、お人に育ててもらう」という章が

あります。


欠点があるからこそ、人に教えて貰え

苦言もいただけるのだと。

「皆さまからの苦言は、お金では買うことのできない

私の宝物。恥をかき、恥をまた拾い、やっとこさっとこ

生きているようい思います。」


完全な人、完ぺきな人はいるはずもない。


勇気は必要だけれど

恥をさらしながら

役に立とうとせず

まだまだ進んでまいりましょう♪


そんなことを思う日曜日。












4回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now