• Admin

夏越の祓

明日 6/30は夏越の祓(なごしのはらえ)。

旧暦の6月末に行われる「夏越の祓」は、

半年分のケガレを落とす行事で、

この後の半年の健康と厄除けを祈願します。

由来は神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の

禊祓(みそぎはらひ)にまで遡るそうですが、

新暦に移った現在でも、6月30日ごろ

日本各地の神社で行なわれている伝統行事、だそうです。

半年に一度の厄落としである6月の「夏越の祓」。

さらに半年後の12月末には、同様に厄除けをする「年越の祓」があります。

この二つは対になる行事で、心身を清めてお盆や新しい年を迎えるためのもの。

大晦日の年越し行事のような派手さはありませんが、

「夏越の祓」も大切な節目の行事とされています。

(以上、日々是活き生き 暮らし歳時記 より)

1年、早い早い!と、つい言ってしまうけれど

その中でも、よく頑張ってるよね。と

上半期の自分を労ってあげたいですね。

こんな風に、二十四節気七十二候、四季を

日本は大事にしていて、自然から学び営んできた事を

忘れずにいたいと、年々そんな気持ちが強まります。

折々で、ちょっと振り返ったり

気に留めるだけでも、暮らしに目を向けられる

ような気持ちになる私です。

7/2からは半夏生。

「半夏生」は気候の変わり目として、農作業の大切な目安とされていたようです。 田植えは「夏至の後、半夏生に入る前」に終わらせるものとされ、

それを過ぎると秋の収穫が減るといわれてきました。

他いろいろと書かれていますが、田植えで疲れた身体を休ませる時期でも

あるみたいです。

1年の半分を過ごし

ちゃんと心身を休ませましょう、という事は

なんだかしっくり来ます。

逆に、そういう事でもしなければ

なかなか休むことをしないのかもしれませんね。

ちょっと、疲れが出てきたな~

とか

疲れているかも?

と感じる方は、意図的に

ちゃんと休みましょうね。

疲れているって気づかない事も多々ありますからね^^;


10回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now