• Admin

穏やかな年末年始

私はずっと

年末年始って大嫌いでした。

10年以上前

平成19年(あぁ、もうすぐ平成終わりですね)

の年末が最悪でしたね。

私は長く努めていた公務員を平成19年12月末で

辞めたのですが

その頃から、両親の心身不調が顕著になり

昨年迄、毎年末年始を安心した気持ちで

過ごしたことはありませんでした。

しかも平成19年の年末、ノロウイルスに

私は罹患し、最悪の大晦日。

「トイレに住む(泣)」と言いながら

過ごしてたなぁ~。

退職辞令を受ける事もできず

年明けに改めて職場に足を運びましたっけ(汗)

年末年始を特別なものとして

扱わざるを得ないというのかな

世間やマスコミや囃し立てる全てに

心は全然追いつかなず

むしろ恨めしく感じながら

病気の両親をどう扱おうか

どう過ごせるのか

夫の実家にも行かなきゃだとか

毎年、年末年始が気重な行事でした。

父が亡くなり

サ-ビス付高齢者住宅に

住む母との年末年始。

老いていく親(義両親も)を

どうしてあげたら良いものかと

連休や年末年始に、考え込んでしまう自分でした。

今年も、事情があって

母をお世話出来ない姉夫婦に代わり

どうしようか・・・と気重になっていたのですが

晦日に義両親宅で夕食を共にし

大晦日に我が家に母を呼び夕食を共にし

そんなスケジュールで

実はとても楽に、過ごすことが出来たのです。

何が変わったのか・・

一番は私の心持ちです。

母を呼び、お世話することを苦と

感じなくなってきていました。

そして、協力してくれる夫へ

余計な遠慮や申し訳無さを感じる事を

捨てました。

そしてそして

母を可哀想だと思うのを

改めて

改めて

止めました。

最も大事なのは

「私の気持ち」であること。

そう、常に

親の事をどうしてあげようかと

真っ先にそれを考えるのが私の常でした。

自分の気持ちが

わからなくなっちゃうんですね。

親って、やっぱり大事なんです。

幾ら年を重ねても、やっぱり子供には

親は大事。

だけれどね

大事だからこそ

先ずは自分を大事にしなきゃ

親の事は考えられません。

それは偽りなんだよね。

10年、キツかったよねぇ。

やっと自分で自分にかけた

呪縛から解き放たれたと

思える今年です。

でも

年末年始って

疲れませんか?

疲れるって思うなら

きっと、やりたくないことも

やってるからだよね。

昨年末は

大掃除も上手に手を抜いたし

頑張らない

自分を楽にすることを優先

したら

逆に掃除もスムーズで

お正月準備も楽だったのでした。

頑張らない事も

自分を楽にさせることも

勇気がいるでしょうけれどね。

もし、このお正月に

気持ちが身体が疲弊しているなら

自分の扱い方を見直すチャンスです。

そして

自分の傾向ってのもあります。

占いで自分の傾向を知っておくのも

好いトリセツになりますからね。

自己犠牲に傾きがちってことも

占いで読めるのです。

(私はまさにコレです、コレ)

自分を大事にする為にも

占いを活用してみてね♪

占いをご希望の方は

jake-stan.1939☆docomo.ne.jp

(☆を@に変えてね)

まで、ご相談くださいませ。

今年も沢山の方に占いが提供出来ますように。


14回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now