• Admin

ハート

カリフォルニアに、ハートマス研究所というところがあります。

人間のハート(心臓)についての研究、教育を行なっている機関です。

人間の心臓からは、電磁場が出ていて、その電磁場のエネルギーは

自分の周りにいる人に影響を与えているのだそう。

私たちは、何も話さなくても、同じ空間にいるだけで

お互いに影響を及ぼし合っていることが、そこでの研究結果から明らかになっています。

人間の身体、心、精神の調和が取れている状態を「コヒアランスな状態」と呼び

コヒアランスな状態は測定可能でもあるんだそうです。

そして、コヒアランスな状態にある人が1人いるだけで

その人の半径数メートル以内にいる人にも良い影響を及ぼすのだそうです。

人体の電場や磁場は、心臓から放出されていて、 それはドーナッツの形のようなトーラスの形状になっています。

測定器の検査範囲に限りがあるようですが

半径1.5~2.5mくらいのようです。(もしかしたらそれ以上)

両手を広げた、それよりも広い範囲ですよね。

自分がコヒアランスな状態にあるだけで

そこの場に貢献している、と言っても過言ではないでしょう。

以下はネットから探してきたコヒアランス練習法です^^

~コヒアランス法の練習~

<第1段階> まずはゆったりと椅子に腰掛けましょう。また、慣れれば、立ったままででもは実践できます。 ストレスから気持ちを切り離すために、心臓周辺に意識を向けます。

この時、心臓の鼓動を意識しないようにしましょう。

<第2段階> 心臓周辺に空気の通り道があることを イメージしながら、4秒くらいの間隔で

ゆっくりと深呼吸をします。最初のうちは 上手にできなくても気にする必要はありません。

練習を重ねるうちに、自然と心臓呼吸はできるようになります。

あまり深く考えずに、スムーズに呼吸することだけ意識してください。

<第3段階> 心臓呼吸を1-3分程度続けたあとに、肯定的な感情を想起してください。

あなたの周りにいる人たち(家族・友人など)を思い浮かべて

その人たちへの「感謝」「いたわり」「愛情」などの

気持ちを感じることができる状況などを思い起こして下さい。 なかなかこのような感情を想起することができない人は

自分が一番落ち着ける風景や趣味などを想起することから始めてください。

<注意点> スタンフォード大学名誉教授らによる科学的な実験によって、

「感謝」「いたわり」「共感」などの感情を想起することが、

最もコヒアランスに近づくことがわかっていますが、

具体的に何がベストなのかは、個々人によって異なります。

あなたにとって最適な対象をを活用しましょう。

肯定的な感情であれば、基本的にOKですが

ギャンブルで勝ったときなどの一時的快感は好ましくありません。

理想的な練習回数は、朝・昼・晩の1日3回ですが

週に3日だけやるのではなく、1日1回でも毎日続けることが理想的です。

また、慣れてくれば、通勤途中の電車でもできるようになります。

コヒアランス法を実践すると、心拍リズムが安定します。

心拍リズム(自律神経)は、ホルモンや免疫の働きと強く相関しているので

心拍リズムが安定すると、体全体のバランスが良くなるのです。

『心拍リズムの安定は、体内のホルモンとエネルギーの安定をもたらす。

もし、これと同様の効果の期待できる薬があれば、それは100年に1度の大発明に匹敵する』

と指摘する専門家もいます。

また、最近の脳研究によって、脳の機能は

心拍リズムやホルモンのバランスによって影響を受けることがわかってきました。

つまり、コヒアランス法を習得すれば

心拍リズムを理想的な状態にすることができるだけでなく

脳の機能、つまり集中力や思考力を高めることができるようになります。

とのこと。

大事なことは無理して修行のように行わないってことでしょうね。

様々な手法、方法はありますので

又、簡単で個人的にオススメと思うものをお知らせしますね。

とにかく「呼吸」は肝ですね。

自分の呼吸が浅くないか?にも気づいてみてくださいね。

山羊座に星が集中しているこの時期、実践することは

オススメですのでね~~♪


10回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now