• Admin

身体の感覚

占いと同時に学んできた

心のこと。

何でもそうでしょうが

学びは多岐にわたり

色んなものがありますね。

「心と身体はつながっている」

という言葉は聞いたことがあると思います。

ほんとにそうだな、と思うんです。

人は進化の過程で、大脳新皮質が発達して

高い脳機能を得ました。

そして複雑な思考を可能にして現在の社会を

創ってきたわけですよね。

それゆえに、自然界に生きる私達の身体

には負担が大きくなってきたと言えるようです。

身体の感覚、身体が感じることを

大事にしたいですね。

例えば

緊張しているとき、呼吸が浅くなったり

肩が上がっていたり、手先が冷たくなったり

しますよね。

緊張しないように心を強く!とかメンタルを強く!

というアプローチもあるかもしれませんが

(私は無理だけれど^^;)

緊張している気持ちに気づいて

身体に意識を向けてみると

もっと楽な状態に持っていけるでしょう。

上がった肩を下げてみる。

自分の呼吸に意識を向け続けてみる。

ゆっくりため息を繰り返してみる。

ゆっくりと歩いてみる。

歩いている足の裏を感じてみる。

緊張してる自分に寄り添う想いを持ってみる。

緊張することが悪いことじゃないですからね♪

緊張している自分がおかしいわけじゃないですから♪

そう思っても身体が緊張しちゃうんですよね。

だから、身体に意識を向けてあげる。

頭の中のお喋りじゃなく身体の感覚に気づいていく。

そうすると楽になってくる事が多いです。

ザックリと書きましたが

自分の身体の感覚(身体の声)に気づくこと。

そうすることで、自分の本音に気づきやすくもなります。

ほんとの気持ち。

私が学んだセラピーの中で、身体の感覚に

意識を向ける手法が、とても優しく負担ないものでした。

身体の感覚に、ちょっと意識を向けてみませんか?

進化が加速する現代だからこそ

身体や自然というものに大きなヒントも

学びや教えもあると実感する事の多いこと!

日々の暮らしが自分にとって心地よく

安心できるものでありますように。


7回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now