モヤッとしたら

2018/05/16

先日の占いは、クライアントさんのお子さんについてが

主訴でした。

お子さんの結婚、ですね。

 

ケースバイケースですが、ご本人の事ではない誰か

の占いについては、内容や場合により「占うことをご本人は

了解されてますか?」と尋ねることがあります。

今回は、そう尋ねたケースでした。

ちゃんと、ご本人(お子さん)の了解はとってらっしゃいました

ので占いましたが、多くの場合は誰かを占いたい「自分の問題」

がほとんどです。

 

今回も結局は「親である私の心配を解消して」が主訴なんですね。

主訴はダミーと頭の片隅に置きつつお話を伺いました。

 

そしてクライアントさん自身の思考の癖のような事が

話の中心になりました。

心配が先に立ち、いつもお子さんに注意や指示が多いようです。

(お子さんは立派な大人年齢です)

 

クライアントさん、お子さんのデータから違いがハッキリしていて

お子さんが親を傷つけないように、と配慮されて口を閉ざす事も

伺われました。

 

親だから子を理解している、というのも違っている事があるし

愛情=心配ではないですしね。

心配していることが愛情の証と考えちゃう方は多いかもですね。

世代にもよるでしょうけれど。

 

短時間で、今回の相談は終了しました。

「わかっているんですけどねぇ。でも心配をぶつけなように

注意していきます。夫と話して不安を解消するようにします」と

最後は落ち着いて笑ってらっしゃいました。

 

今は、色んな生き方や暮らし方が出来る時代と思います。

「結婚しなかったら、親が死んだ後、1人でかわいそう」

そんな時代じゃないでしょう(笑)

結婚して逆に可哀想な状況になっている場合もあるのです。

 

自分の価値観、信念が絶対と思っていたら

世界も狭まるし、苦しくなりそうです。

 

とは言え、自分の事や身内の事は冷静に見つめる事が

難しいですね。

何だかモヤモヤっとして、でも友人に相談というのも

違う・・・ような時にも、占いが役立つことはあるでしょう。

気軽にご相談くださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now